考えの小瓶

思ったことを思うままに放り投げるだけのブログ

Surface Goが来たぞ

うちの6年物のパソコンがだいぶポンコツになりまして。

新しく買いました! Surface Go!!!

 

諸事情でよく週末家に不在な私は、家にノートパソコンを置いてうらうらしていることが多かったわけです。

ちょっとしたタブレットスマホもあるので、ますます遠のくパソコン。しかし、文章を作るとか打つとか考えるとパソコンはあったほうがいい(このブログもパソコンでしか開きませんし)

他にもちょっとしたパソコンでしかやらないことをやりたくて、でも現状ではほぼやらない…どうしたら? となったときにまず浮かんだのがIpad

もっと良いタブレットで何もかも済ませてしまうのもありなのでは!?

 

実際は、まったくWindowsがない状態にしてしまう、というのはリスキーすぎて選択できませんでしたが……。

どっちにしろ今のノートパソコンがなくなる前に、ある程度持ち運べるものが欲しい。

あとペンが欲しい。Ipadにしようかと思ったのはペンがあったからです。あれすごいよね((

 

で、調べていたらSurfaceにペンもあるらしいとみて、検討→購入と相成りました。

これで出先でもパソコン使えるぞー! 持ち運ぶかは知らないけど!! というかあんまり変なところには持ち運べないけど!!!

ぼちぼちやっていきたいなーという決意表明も含めた書き込みでした。

 

わーいわーい。

私と一人暮らし

考えをちゃんと文章にまとめていくと、文章が上達するらしい。

とにかくそんな話を見たので、放っておいたブログを久しぶりに引っ張り出してきてみた。

 

なんていうか、生きるのって意外と難しいよね?って思う。

料理も掃除も洗濯も、簡単にやってる人のほうが多いけど、びっくりするぐらい私にとっては難しい。

しばらく一人暮らししてるけどようやく、しまった着る服がないぞ!!ってやらなくなったし、服を部屋の隅に積まなくなった。

掃除も前よりはやってる。今ちょっと散らかってるけども、一時期よりは全然マシ。

 

でもこの全部が、当たり前のようにできて取り組める人がいる。

びっくりだ半端ないな???

って思うけど、同じようにやれと言われたらぜったいに拒否したい。無理です。

 

簡単だよこんなの、って言われても、簡単じゃないですって言い張りたい。

簡単じゃないけどやっておいた方がいいし、どうにか工夫して楽に過ごしたい。

私にとっては簡単じゃないってわかってたほうがいい。頑張ることだってわかってたら、できたときにがんばったぞ!ってやれるから。

 

そんな感じでへぼへぼに家事して一人暮らししてるんだけど、

大学生のころなんて、親と離れて住むことさえ想像してなかったなぁって思うと

まぁ何とかできてんじゃん、ってちょっとだけ誇らしい気持ち。

前より料理のレパートリーも増えましたよ。

私と怠け者

 私は怠け者だ。

 欲をいうなら、好きなことだけしていたいし、ぐーたらしたいし、動きたくない。一日中寝ていても別にいやではないし、一人でいくらでも過ごせるだろう。

 

 ぶっちゃけ、働きたくない。

 

 そんな私だが不思議なもので、プライベートでもある程度は勉強しなければならない、と業界内で言われている職種についている。

 この職業に至った理由は以前書いた通りだが流れである。

 至ったことに後悔はしていないけれど、自分が怠け者であることには変わりはない。

 

 もうぶっちゃけ、勉強したくない。

 

 ──なんてことを、ひたすらに思っていて、勤勉ではなくて、自信がなくて、仕事熱心でもなくて、家が好きで、っていう自分が、数年前まで嫌いでした。

 どこか罪悪感がぬぐえなかった。もっとまじめにやればいいのに、と自分で自分に思っていたんです。

 同時に、勉強さえすれば、何かは身につくだろうに、という確信もありました。

 なのに何故勉強しない、できない、自分。

 なんてダメなヤツなんだろうとも思いましたし、それも仕方がないことなんだろうと思いながら、そんな自分が好きで嫌いでした。

 しゃーないわな、と思って好きなことをしに開き直るぐらいには好きで、

 何かの壁にぶつかるたびに、真面目になれない、頑張れない自分を感じると嫌い。

 

 怠け者の自分を、開き直っているつもりで、どこかで責めていました。

 

 

 仕事を続けて、ほそぼそとやれることに取り組んでみる中で、そういう自分がいることに、初めて気が付きました。

 対人援助職ですし、ダメな部分も含めて、自分を認めているつもりでした。人にやさしくするように、まず自分に優しいつもりでした。

 でも、そうじゃなかった。

 

 頑張れなくても、いい。

 怠けてしまっても、いい。

 

 後から巻き返すからとか、そういう条件すらいりません。ただ事実として、頑張れないことや、怠けてしまうこと、そういうときがある、というだけです。

 そこに評価を混ぜてしまうから、辛くなる。

 根が怠け者な自分に、辛い道ではなく、何となく楽なまま、やったほうがいいな~と思うことを、やらせるにはどうすればいいか。それを考えればいいだけだった。

 辛くても我慢して、頑張って勉強しなければいけない、仕事をしなければいけない──なんて。そんなことはなかった。

 

 何もかも我慢しないのは、正直無理かなぁと思っていますが、

 いつか、本当に全てを投げ捨てて頑張る、なんて。最初から無理ですし、そうしなくてよかったんです。

 学生のころに主な趣味は投げ捨てて、ひたすら部活にまい進していたこともあり、つい、全部投げ捨てるぐらいの努力をできると思ってしまっていましたし、そうすればある程度は巻き返せるとも過信していました。

 

 ある程度コツコツやっていくためには、一時しのぎで踏ん張るだけでは続かなくなってしまうでしょう。

 幸い、付き合いの長い怠け者の攻略方法を考えることは、できないわけではありません。

 相変わらずつい怠けてしまう日々は続いていますが、それでもそんなこともあるかと思って、向き合い続けています。

私とネガティブスパイラル<解決案編>

 長くなって自分も辛くなってきましたが、むしろ解決策の案も出さずに終了したほうが辛いかな!!!ってことでもう少し続けます。

 なおあくまで案なので、ネガスパが解決されるかは不明です。今後に期待。

 

既にやっていること

 まずはすでにやっていることの確認から。

  • ネガスパに関わる自分の考えの分析
  • ネガスパに関わる自分の状況の分析

 分析系はこんな感じ。たとえば本当に把握した状況は正しいのか、自分の決断(考え)を変えたら対応できるところはないのか、などを分析します。

 「あっ、しばらく予定あわねぇわ」と直感的に遠い目をすることもあるので、分析してみるとワンチャンあるかもしれない……ってなることも少なくないのです。

 

  • 気持ちの紛れる映画・アニメ・漫画・小説・ゲームに触れる。
  • 料理・お菓子を作る。
  • 自分で一人できる、楽しい計画を立てる(映画館へ行くなども含まれる)。
  • 勉強する。
  • ブログを書く。絵や小説をかく。

 気晴らし系はこのあたり。一番上が比重が大きいですし効果的。物語には没頭するタイプなので、ネガティブ思考がどっかに行きます。

 料理お菓子も作っている間は少なくともどこかに行きますし、あげそびれましたが空腹も割と機嫌を損ねる要因なので、お腹を減らさないと少し楽です。

 計画立ては、それに向けてがんばろう!という感じ。新しく上映された映画、好きな服屋、美味しい甘いもの、気になる展示、プールに出かける…などなど……。

 勉強は仕事関係ですが、意外と現状のネガスパにも通じる中身に接することになったりして、目からうろこ的な気持ちになります。何も状況は解決していませんが、ネガティブ思考が意識されなくなったり。

 絵、小説などの創作系は、はじめるのが最近大変になっていますが、完成できるとかなりすっきりするし熱中しているときは気持ちが楽ですね。ブログも似ていて、ネガティブ思考の話をこうして書いてはいますが、ある程度冷静に考えられているのでよさそう。

 

  •  寝る

 最後の一つはとにかく寝てしまうこと。なかなか寝付けないな!となりつつもいつしか眠れているパターンが多く、起きると思ったよりネガティブ思考はどこかにいったなぁとなるものです。

 

これから考えられること

 さて、じゃあ上のことに加えて、プラスでできそうなことをとにかくあげてみましょう。

  • 友人との予定が途切れないようにする。
  • 仕事の限界を見極める。
  • 前もって先の計画を立てておく(一人でも!)。
  • 話せる人に自分のネガティブ思考を相談する。
  • 話せそうな人に、あらかじめネガティブ思考に陥ったときに、聞いてもらえるように打診しておく。
  • 寂しいときに気軽に合える人(恋人?)を作る。
  • 家族にネガティブ思考そのものじゃなくていいから連絡を取る。
  • ぬいぐるみを抱きしめてみる。
  • 暖かい飲み物を飲む。
  • アロマを始めてみる。
  • おまじないの言葉を決めておく。
  • タロット占いに頼ってみる(自分で実施)。
  • 知らない誰かに人生相談する。
  • ペットを飼う。
  • ヨガをはじめる。
  • チャンスとばかりに知ってる技法を実践する。
  • とにかくノートに書く。

 うーん、ひとまずこれ以上出てこないので一区切りします。

 実際には現実的じゃないな~ってものも結構あるので、できそうな順番に並べてみます。他の人が関わらないやつのほうがやりやすくはあるか……。

 

↑できそう

  • ぬいぐるみを抱きしめてみる。
  • とにかくノートに書く。
  • おまじないの言葉を決めておく。
  • 家族にネガティブ思考そのものじゃなくていいから連絡を取る。
  • 暖かい飲み物を飲む。
  • タロット占いに頼ってみる(自分で実施)。
  • 前もって先の計画を立てておく!(楽しみなゲームや本を読む週などと決める
  • チャンスとばかりに知ってる技法を実践する。
  • アロマを始めてみる。
  • 友人との予定が途切れないようにする
  • 仕事の限界を見極める
  • 話せそうな人に、あらかじめネガティブ思考に陥ったときに、聞いてもらえるように打診しておく。
  • 話せる人にネガティブ思考を相談する。
  • ヨガをはじめる。
  • 寂しいときに気軽に合える人(恋人?)を作る。/知らない誰かに人生相談する/ペットを飼う。

↓難しそう

 なお、一番最後のはいやほぼ無理というかそんな簡単じゃねぇよ、ってヤツ。

 

 ぬいぐるみ、から前もって計画立てておく! までは、ネガスパのときじゃないにせよ、やったことがあるのでできそうですね。

 おまじないの言葉は効かなきゃ意味ないけど、ますますスパイラルしそうな言葉は止めておきたい……「心身ともに疲れているようですよ。そういうときにはへたるわ。休もうぜ」かなぁ。

 家族に連絡取るのは、最近事務的メールぐらいしか出して、もう少し詳しめに取るなり、電話するなりしたらいいかもしれませんね。

 チャンス~友人との予定、あたりは今までやったことないけど、やってみたいところ。これからはすこーし意識して見ましょう。

 仕事~ヨガはひとまずは難易度が高いので後回し。

 

 てっとり早くぬいぐるみを抱えたところで、大分落ち着きました。

 魔法のように解決しなくても、案を書き出してみたら、色々できることがありそうだな~と思えた感じです。

 またどうしようもなく何か絡まったら、ブログに整理しにくるのもいいかもしれませんね。

 

 てことで、3回続いて長くなりましたが、これにて終了~。

私とネガティブスパイラル<分析編>

 ネガティブスパイラルってなんとなく使ってみたけど、ちゃんと調べてみたら“ネガティブ思考が続くこと”的な説明のあるページがあって、あってたことにびっくりしました。

 

 ということで、区切れそうなので分けましたが、もう少し続けます。

 

 どうしてネガティブスパイラルが始まるのか、どうしてネガティブスパイラルが続くのかを、ちょっと考えて見ようかと思います。わかれば止められるかもしれないしね。

 

ネガティブスパイラルの始まり

 どういうタイミングでネガティブスパイラルをしやすいかというと、遊び面での予定がまったく立たなくなったときです。自分と友人の予定がほぼ合わないとき。

 誰か一人とでも約束がすでにあれば、気持ちは落ち着いています。

 一番てきめんなのが、よく遊んでいるサークルのようなメンバーとの約束がまったく立てられないとき。私が参加できなくても、他のメンバーは予定が会えば遊ぶからなんでしょうね。精神的に直撃を食らいます(そして自分なんて…という思考へ……)。

 あとは、月末には身体的な影響もあって落ち込みやすいということもあります。また、突然の気候変動にも影響を受けるので、寒くなったり暑くなったりは辛いものがあります。

 他には仕事面での忙しさも関係あるでしょうか。忙しくなるとやっぱり余裕が奪われやすいです。慣れない仕事が始まっていたりするときも……。

 

 ちなみに、現在全部重なっています。辛いなおい

 

ネガティブスパイラルの継続

 色々重なってネガティブスパイラルが始まった後、いかに続いてしまうのか。もちろん始まる条件(約束・身体不調・気候変動・仕事)が解除されていなければ続きやすくなります。

 加えて、一番大きな要因はネガティブ思考です。正確には、ネガティブスパイラルが始まった際に発生したネガティブ思考が、解除されずに続いていく、むしろ悪化していく、とでもいいましょうか。

 今回のネガティブ思考を試しに書き出してみると、以下の通り。

  • 私はみんなと遊びたいんだけど、みんなはそうでもないんだろうな(そんなことないって信じたい)。
  • 私がこんなに頑張っても、みんなはそれをわかってくれない(無言で見返りを求めても仕方ないぜ)。
  • 他のみんなのほうが仲がよさそうだし、私なんていらないんだろうな(これい言ったら困らせるしうざいやつだなぁ)。
  • 前にあの人がネガティブにはまったときには、他の人が助けていたけど、私のことはきっと助けてくれないんだろうな(そりゃ表に出してなければな)。
  • 遊べない要因を作っているのは私自身だから、みんなを責めても仕方ないんだよな(だから辛いって出しかけてしまう自分がバカなんだ)。
  • こんなに辛い切ないなかで頑張っているのに、誰も助けてくれない(そりゃ助けてほしいと伝わらなきゃ助けてくれない)。
  • 私は誰にも好かれていないのでは。助けるだけの価値のない人間なんだ(極端な思考してんなぁ)。

 あー、我ながらどうしようもないので思わず()内に浮かんだそのあとのツッコミも一緒に着けましたが、率直に描いて上みたいな感じ。カオス(笑)。

 何がカオスって、たまたま予定が合わなかったって状況だけで上の連想がばーーっと出てくることですよね。病んでる。疲れてるよ私……。

 いっつもわりと予定合ってるじゃーん! 皆で合わせてるじゃーん! それでいいじゃーん。

 ……けど合わせてるのも結構頑張っていて、なんで私ばっかり頑張らなきゃいけないんだぶちぶち自分が決めたことだろ!゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

 

 ひゃっほいダメですネガスパ。

 

 なお、冷静な自分が

「いやー誰か一人いなくなるぐらいで瓦解する集まりってないだろ、どんな場合でも」「つまり私が行けなくなったって、誰も責めないし惜しまないよ。仕方ないってなるだけ。それは誰でも一緒」「自分が諦めずに頑張らなきゃ、諦めずに頑張ろうとしてくれる人なんていなくて当然じゃん? 誰にとっての意味でもな?」「仲の良さってそりゃー同じじゃなくて当たり前。頻繁に会えてなきゃ多少違いは出るだろうし、量じゃなくて質っしょ」「辛いのわかってほしいと思いつつ出すのが嫌なんだろ? じゃあ仕方ないじゃん出せる範囲でしか出せないよ私だもの」

 みたいな、上のコメントをある意味支持する冷静なコメントをしてくるわけで。まぁ100%の否定はできないさ。知っていたよ……となるよねーーーー。

 まぁたこの冷静な自分は、覚えてる限り、ネガスパしてないときもこんな調子なんですよね。実際はこうだよね、寂しいけどさ……的な肩ポンする役。

 なので大事なバランス取る役なんですが、ネガスパの最中だと、自分でケアしてるのか…誰もバランスとってくれない……と思い始めてまたそれも切なくなるというさらなるカオス。普段から考えてる事柄に部分支持されるネガティブ思考(ただし極端でバランス取れていない)で、倍々の精神直撃アタックに!!!!

 

 人に見返りを期待するんじゃねぇ!!の一言に尽きるんですけどね。

 ネガスパしてるときだとわかってるんだよ…!と思いつつ泣くわけだ。

 

 どうしようもねぇなと思ったところで、ブログ記事は解決編に続きます_(:3 」∠)_

私とネガティブスパイラル

 割と昔から、ネガティブな気持ちが続かないタイプでした。

 寝て起きたら忘れる。

 誇りを持って、あんまり傷つかないタイプなんだよ、という意味で、話していたと思います。

 

 今でも、寝て起きたら忘れます。悔しいほどに。

 でも傷つかないタイプなんだとは思いません。引きずらないだけですし、寝たら気持ちが切り替わるのは、一般的に誰だってそうです。

 一人暮らしをするようになって、私が傷つかないタイプなんだと思っていたのは、家族が聞いてくれていたからなんだろうなぁと気づきました。自分自身が強いわけではなくて、サポートがあったからです。

 今だってサポートがなくなったわけではありませんが、一緒に暮らさなくなって、吐き出す時間はずいぶん減りました。

 

 私は基本的に一人でも過ごせるタイプですが(ゲームをしたり漫画を読んだり、特にネットがあればなんだってできます)、一人でいるふとした時間に、ネガティブな気持ちが入り込んできます。

 

 誰かと会って話しているときには、喧嘩をしたり相手の態度に傷ついたりしたとしても、ネガティブな気持ちは変に膨らむことがありません。

 あいつむかつく!! あの態度ないよ!! 私なんか失敗したかなぁ……

 などなど、もやもやを多少は引きずりますが、「まぁ仕方ないか」と何となく流して区切りをつけることができます。

 ですが、一人でいるときのネガティブな気持ちはこう。

 

 私のことなんて誰もどうでもいいんだろうなぁ、会いたいのは私だけなんだろうなぁ、皆楽しそうでいいなぁ

 

 なんというか、闇ですね。そうそうここまでネガティブにはならないのですが、はまり込むとひたすらに闇です。

 些細なことやつぶやきを色々とらえて、「どうせ私なんて」が続きます。

 私の望んだ行動を、言わずともやってくれないことが、不満になる。

 でも言わなきゃわからないのは当然で、自分のことは自分で動かないと相手には何も伝わらないんです。

 それがわかっているけど、不満が生まれて止まらなくて、馬鹿だなぁと自責に走れば、こんな無駄なことで自責に走っている自分なんて、まぁそこまで好きになってもらえないだろうし、大切になんてされなくて当然だ──

 と、あっという間にネガティブスパイラルです。恐ろしい。

 

 我ながら救われないのが、ネガティブスパイラルに陥ったときには引きこもる傾向があることです。

 一人では延々とネガティブになってどうしようもなくなってるのに、誰かに助けを求められない。助けを求めたいし求めたほうがいいとも思うけれど、ネガティブな自分が囁くのです。「こんな面倒な自分に関わってくれる人なんていないのでは」「実際に誰も関わってくれなかったら、もう耐えられない」と。

 幸い、どこか冷静な自分がいて、それこそ適当に寝ようとか、気分転換になることをしようとか、自分で自分をケアできる。それを細く長く続けて、日々を乗り越えていく。

 そのうちに、ネガティブなスパイラルは自然に抜けて、気が付いたら普通になっています。

 で、別のことで普通に約束をして友達と遊んでいるときに、「そういえば忙しそうだったけど大丈夫だった?」「つぶやき荒れてたけど大丈夫だった?」と聞かれる。

 

 ……過ぎると忘れてるんですよねこれが!!!!!!

 「いやーちょっと大変だったけど大丈夫だよ~」じゃないよ私! しんどかったから今度そういうとき連絡してもいいー?とか聞いとけよ!

 本当に過ぎ去った後って大変だったことをすっかり忘れているので(そしてなぜか別れてから思い出す)、またどうしようもないですね……。

 

 もう少し心穏やかにネガティブスパイラルを抜けられるようになりたいなぁとしみじみ思う、現在若干ネガティブスパイラルしている私でした……。

私と生きがい

 これが人生の生きがいだな~~って思っていることを持っている人はどれぐらいいるでしょうか?

 私の周辺を見回してみると、ゲームが好きな人や創作をしている人、漫画やアニメに熱をあげる人などなどたくさんいます。あと、ジムに通ってみたり、カフェめぐりをしてみたり、ギャンブルに走ったり、誰かと一緒に遊んだり……。

 

 そういう様子を見ていると、何かしら“これがなければ!!”というような生きがいを持っているように見えます。

 すごく夢中になっていて、楽しそう。

 

 では私は……ものすごく夢中になるもの……ピンと来ません。

 以前(私と好きなこと語り)もそうでしたが、どうも熱がない。

 

 好きなことはたくさんあります。

 生きていくうえで、まったく物語……小説でもゲームでも漫画でも、そういったものに触れないことは考えられません。

 あと、1か月、どの友人とも会わないで生活すると寂しくなります。

 数日好きなことをしていいよと言われればやりたいことは色々あります。

 けど、周りの人と同じぐらい、熱中して何かに心血を注いでいるか、と言われると。

 

 ふと、そもそも生きがいとはなんだろう?と思ってコトバンクで調べてみました。

人生の意味や価値など,人の生を鼓舞し,その人の生を根拠づけるものを広く指す。〈生きていく上でのはりあい〉といった消極的な生きがいから,〈人生いかに生くべきか〉といった根源的な問いへの〈解〉としてのより積極的な生きがいに至るまで,広がりがある。生きがいは,漠然とした生の実感としてほとんど当人に無意識に生きられていく場合と,自覚的に人生の営みに取り込まれる場合とがある。また一方では,自由や平等といった社会原理,愛や正義といった宗教的格率のように,より普遍的なものに結晶化し,他方では,諸個人の日常生活に具体化されてより個別的な姿をとる。

コトバンクhttps://kotobank.jp/

  思ったよりいろんな意味がありますね! これまでの私のイメージだと〈生きていく上でのはりあい〉のほうに近いかな。

 はりあい、なら、友達と旅行に行くことから、一人で好きなものを料理するところまで、結構色々な行動で得られている、かも。

 ものすごく熱中するものが「生きがい」だとなんとなーく思っていたけど、そうとは限らないようですね……。

 

 あと〈人生いかに生くべきか〉のほうは、このブログを立てたりしたこと自体が、そういう取り組みのような気がします。

 人生、できるだけのんべんだらりとハッピーに生きたいのが本音ですが、正直、生きている中で一番自分をハッピーじゃなくしてるのは自分なんですよね。

 「こうするべきじゃないか」「こんなことしてはいけない」「この先を考えると今のうちにやっておかないと……」みたいな、自分の考えが、自分を縛り付ける。

 自分の敵は自分です。小説読んで夜更かしするのは簡単ですが、正直次の日の自分は、何故もっと早く寝なかった、と昨日の自分を恨むわけで。

 

 おおむねお気楽に自分が生きるためには、自分をよい方向に向かわせたほうがよさそうです。

 その前に、自分にとってどういう方向がよい方向なのかを見つけないと向かえませんし、自分のどういうところが、自分をお気楽じゃなくしているのかもわかったほうがよさそうです。

 そんなわけで、どう生きようかと考えたときには、色々考えながら生きよう、なんてね。そんなことを思っています。

 そういうことを黙々と考えているのが生きがいで、考えること自体に熱中しているのかもしれませんね(笑)

 

 自分の生きがいって…?というところから初めて見ましたが、これ自体、「熱中するものがない自分って生きがいないんじゃない? まずくない?」という自分の考えの影響があったのかもしれません。

 

 意外とあったね。