考えの小瓶

思ったことを思うままに放り投げるだけのブログ

私と考えること

 「『私は……』から始まる文章を20書きなさい」と、大学の講義で先生に言われたことがありました。
 最初は性別や年齢、所属、住まいなどを挙げていって、次に書くものがなくなってきて、好きなものや自分で思う性格などを書いたことを覚えています。

 その時にも確か、『私はよく考えてから動くタイプです』というようなことを書きました。

 

 まだランドセルを背負っていたころから、考えることが好きでした。
 地球温暖化について、その当時なりに真剣に考えていました。
 夏休みの宿題を片付ける計画を、夏休みの始まる前に考えるのが好きでした(もちろん、実際にやったかは別の話です)。


 同級生にちょっとからかわれて辛い時期も、「相手はからかうのが面白いんだ」「私が辛いことなんて考えもしないバカなやつ」と、考えない相手と考える自分を分けていました。
 私は『考えられる自分』を正当化して、辛い時期を乗り切りました。

 

 それも関係していたかもしれません。私はずっと、考えることは自分の長所だと思ってきました。
 いつの間にか、とにかく考えなくてはと思っていました。

 考えすぎる自分もいることにはあまり気づいていませんでしたし、考えなくてもいい場合があることにも気づいていませんでした。
 自分が考えていないことなどないと思い込んでいました。

 実際には一人の考えることなんて、限界だらけです。


 そうわかっても、まだ考えている。
 結局、私は考えることが好きなんです。


 そんなわけで、考えたことをコツコツ書いていこうと思います。