考えの小瓶

思ったことを思うままに放り投げるだけのブログ

私とネガティブスパイラル

 割と昔から、ネガティブな気持ちが続かないタイプでした。

 寝て起きたら忘れる。

 誇りを持って、あんまり傷つかないタイプなんだよ、という意味で、話していたと思います。

 

 今でも、寝て起きたら忘れます。悔しいほどに。

 でも傷つかないタイプなんだとは思いません。引きずらないだけですし、寝たら気持ちが切り替わるのは、一般的に誰だってそうです。

 一人暮らしをするようになって、私が傷つかないタイプなんだと思っていたのは、家族が聞いてくれていたからなんだろうなぁと気づきました。自分自身が強いわけではなくて、サポートがあったからです。

 今だってサポートがなくなったわけではありませんが、一緒に暮らさなくなって、吐き出す時間はずいぶん減りました。

 

 私は基本的に一人でも過ごせるタイプですが(ゲームをしたり漫画を読んだり、特にネットがあればなんだってできます)、一人でいるふとした時間に、ネガティブな気持ちが入り込んできます。

 

 誰かと会って話しているときには、喧嘩をしたり相手の態度に傷ついたりしたとしても、ネガティブな気持ちは変に膨らむことがありません。

 あいつむかつく!! あの態度ないよ!! 私なんか失敗したかなぁ……

 などなど、もやもやを多少は引きずりますが、「まぁ仕方ないか」と何となく流して区切りをつけることができます。

 ですが、一人でいるときのネガティブな気持ちはこう。

 

 私のことなんて誰もどうでもいいんだろうなぁ、会いたいのは私だけなんだろうなぁ、皆楽しそうでいいなぁ

 

 なんというか、闇ですね。そうそうここまでネガティブにはならないのですが、はまり込むとひたすらに闇です。

 些細なことやつぶやきを色々とらえて、「どうせ私なんて」が続きます。

 私の望んだ行動を、言わずともやってくれないことが、不満になる。

 でも言わなきゃわからないのは当然で、自分のことは自分で動かないと相手には何も伝わらないんです。

 それがわかっているけど、不満が生まれて止まらなくて、馬鹿だなぁと自責に走れば、こんな無駄なことで自責に走っている自分なんて、まぁそこまで好きになってもらえないだろうし、大切になんてされなくて当然だ──

 と、あっという間にネガティブスパイラルです。恐ろしい。

 

 我ながら救われないのが、ネガティブスパイラルに陥ったときには引きこもる傾向があることです。

 一人では延々とネガティブになってどうしようもなくなってるのに、誰かに助けを求められない。助けを求めたいし求めたほうがいいとも思うけれど、ネガティブな自分が囁くのです。「こんな面倒な自分に関わってくれる人なんていないのでは」「実際に誰も関わってくれなかったら、もう耐えられない」と。

 幸い、どこか冷静な自分がいて、それこそ適当に寝ようとか、気分転換になることをしようとか、自分で自分をケアできる。それを細く長く続けて、日々を乗り越えていく。

 そのうちに、ネガティブなスパイラルは自然に抜けて、気が付いたら普通になっています。

 で、別のことで普通に約束をして友達と遊んでいるときに、「そういえば忙しそうだったけど大丈夫だった?」「つぶやき荒れてたけど大丈夫だった?」と聞かれる。

 

 ……過ぎると忘れてるんですよねこれが!!!!!!

 「いやーちょっと大変だったけど大丈夫だよ~」じゃないよ私! しんどかったから今度そういうとき連絡してもいいー?とか聞いとけよ!

 本当に過ぎ去った後って大変だったことをすっかり忘れているので(そしてなぜか別れてから思い出す)、またどうしようもないですね……。

 

 もう少し心穏やかにネガティブスパイラルを抜けられるようになりたいなぁとしみじみ思う、現在若干ネガティブスパイラルしている私でした……。